三浦半島にスノーピークグランピングがオープン

June 21, 2017 By Glmap編集部
三浦半島にスノーピークグランピングがオープン
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
Google+でシェア
0
はてなブックマークに追加
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
LINEで送る

6月9日に京急とスノーピークが提携し「snow peak glamping 京急観音崎」をオープンしました。

スノーピークはアウトドア用品の販売のほか、アウトドアライフを体感できる国内4カ所のキャンプフィールドを運営していますが、常設の施設は「snow peak glamping 京急観音崎」が初めてです。
食器や備品、スタッフの制服に至るまでスノーピーク製品を使用しており、スノーピーカーと呼ばれる熱烈なユーザーにとっては最高の場所になるのではないでしょうか。

設計は世界的な建築家隈研吾氏

この施設は、神奈川県の三浦半島エリアにある「観音崎京急ホテル」の敷地内に新設されたもので、世界的な建築家の隈研吾氏設計のモバイルハウス”重箱-JYUBAKO”に宿泊しながら、三浦半島の最東端で東京湾が目前に広がるシーサイドグランピングを楽しめます。

”重箱”は景色を楽しむことを最大の魅力としているためテレビはありません。
快適な眠りができる「シモンズ」製のダブルベッドと「スノーピーク」のソファ・テーブルのみが配置されていて、ベットの足元とソファの先には高さの違う大きな窓が2つから外を眺めることもできます。

夜のモバイルハウスです! #観音崎京急ホテル #snowpeak #snowpeakglamping #横須賀市 #シーサイド #シーサイドグランピング

観音崎京急ホテル Resort&Spa Kannonzakiさん(@kannonzakikeikyuhotel)がシェアした投稿 –

入浴は併設の温浴施設「SPASSO(スパッソ)」を自由に利用できますし、クーラーやドライヤー、鏡、虫よけグッズなどの備品は部屋に完備されています。

夕食は、観音崎京急ホテルのシェフが調理した、地元三浦半島の食材「三浦カボチャ」を使った野菜の盛り合わせや、チキンの香草焼、ブイヤベースなどフルコースが提供されます。グランピング用に特別に用意されるバーベキューを屋外デッキで、海を眺めながら贅沢に堪能することができます。
なお朝食は、「長井産の鶏卵」などを使い、ホットサンドメーカーでほっとサンドを自分で作るスタイルです。

客室数は3室で、料金が1泊2食付きで1室5万円〜ですので、安いわけではありませんがすでに100件以上の予約が入っているそうです。

スノーピーク グランピングのinstagramの様子

#snowpeak #snowpeakglamping #snowpeakglamping京急観音崎

Tohru Yamaiさん(@tohrusnowpeak)がシェアした投稿 –

#グランピング #snowpeakglamping #スペ女 #最近のスペ女率笑

sako tanabeさん(@sssa_35)がシェアした投稿 –

snow peak glamping 京急観音崎
神奈川県横須賀市走水2-1157-2
☎046-841-2525(予約受付時間 9:00~18:00)
料金/1室2名利用 1泊2食付50,000円~(税・サービス料込)
http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

スノーピーク公式サイト:https://www.snowpeak.co.jp/

0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
Google+でシェア
0
はてなブックマークに追加
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
LINEで送る