グランピング・キャンプでの遊びに花を添える「デイビット・シュリグリー:Records フリスビー 」

October 24, 2016 By Kazuya Okada
グランピング・キャンプでの遊びに花を添える「デイビット・シュリグリー:Records フリスビー 」
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
Google+でシェア
0
はてなブックマークに追加
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
LINEで送る

今回は鋭いウィットで知られている現代アーティストのデイビット・シュリグリーがデザインしたレコード柄のフリスビーの紹介です。
グランピングやキャンプでちょっとした隙間の時間に仲間と楽しめるおすすめアイテムです。

イギリスの現代アーティスト、デイビット・シュリグリー

david_shrigley_500

デイビット・シュリグリーという人物をご存じですか?
1968年、イングランドの中西部に位置するマックルズフィールドに生まれの現代アーティストです。

彼は常に痛烈なユーモアかつウィットに富んだ作風、哀愁溢れる作品で知られています。また、有名UKロックバンドのBlur(ブラー)やUSバンドのDEERHOOF(ディアフーフ)のビデオクリップやジャケットなど数々のアートワークも手掛けていることで有名です。

そのウィット溢れる作風から2005年から2009年にかけてガーディアン紙に毎週、諷刺画を掲載していました。

また最近ではニュー・ステイツマン』誌に政治諷刺を寄稿しており、彼の作品はたびたびアパレル用品などに商品化され人気を集めています。

デイビット・シュリグリー:Records フリスビー

910-110445-KS_3
フリスビーはLP型になっていて、中央には「I COLLECT RECORDS. I AM OBSESSED WITH THEM.」と書かれて、自身がレコード愛好家であることを告白している。
フリスビーは実は英語ではなく商標名。一般名詞では”flying disc”と言います。ちょうどホッチキスのことを英語ではステープラーと言うのと似たようなものでしょうか。まさに「空飛ぶ円盤」ダジャレですね。

これをグランピングに持っていけば注目になること間違いなしですね。
また友人に贈るギフトとしてもオススメです。

このフリスビーはそのデザイン性が評価され、MoMAコレクションに選ばれています。

MoMA(The Museum of Modern Art)コレクションに選ばれた

museum-of-modern-art-new-york

MoMA(The Museum of Modern Art, New York : ニューヨーク近代美術館)は、「モダンアートの殿堂」と言われている、アメリカのニューヨークにある近現代美術専門の美術館。

またMoMA STOREでは、MoMAのキュレーター(管理監督職)によって厳選されたモダンでアートなデザインを持ったアイテムのみ扱っています。

参照:公式サイトより引用

ニューヨーク近代美術館(MoMA)
「リリー・P・ブリス、アビー・オルドリッチ・ロックフェラー、メアリー・クイン・サリバンとそのほか4人の理事により、現代という時代を見据えた最初の美 術館として1929年に設立されました。その比類なきコレクションには、1880年代のヨーロッパの革新的なアートから今日に至るまであらゆる時代のビ ジュアル文化を代表する作品が所蔵されています。また、従来の伝統的な表現技法だけにとどまらず、映像や工業デザインといった、現代ならではの方法で表現 された作品も網羅しています

ご購入はこちらから

0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
Google+でシェア
0
はてなブックマークに追加
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
LINEで送る