魔法の水筒。いつでもどこでも冷えたビールを楽しめちゃう!

September 18, 2016 By Natsuko Konno
魔法の水筒。いつでもどこでも冷えたビールを楽しめちゃう!
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
Google+でシェア
0
はてなブックマークに追加
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
LINEで送る

はじけるような夏が終わり、ちょっぴり哀愁漂うこの季節。
しかし澄んだ空気の爽やかな秋空の下で楽しむグランピングは格別です。

さて、グランピングに欠かせないのはやっぱりビール!
疲れを癒すには、やっぱり「自然」と「お酒」ですよね。

でもせっかくならキンキンに冷えたビールを飲みたい…そんな方にぴったりの商品があります。

保冷機能付き、ビール専用水筒「Hydro Flask」

HYDROFLASK

Hydro Flaskは、24時間継続保冷機能の付いたビール専用の水筒。
ビール専用水筒なんて、ありそうでなかった!

ビールの味を保ち続ける、魔法の水筒

HYDROFLASK11

通常なら、水筒に入れると炭酸は抜けてしまいます。
しかし特殊な加工が施されたこの水筒に入れてビールを持ち運べば、味が落ちることもありません。いつでもどこでも最高なビールが楽しめちゃいます。

ぬるいビールなんて時代遅れ!

まだ日本ではあまり流通していないため、基本的にはHydro Flaskホームページから購入。
しかしこれからHydro Flaskブームが来ること間違いなし!

Hydro Flask Brand Video from Hydro Flask on Vimeo.

最も大きい64オンス(約1.89リットル)サイズが64.95ドル(約6700円)。
他にもホットコーヒー用、スープ用など、様々なバリエーションのものが揃っています。

購入はこちら! Hydro Flask:http://www.hydroflask.com/

ビールが飲みたくなる、魔法の言葉

spring-homepage-everchanginghorizon-640x640

いかがでしたか?ぜひHydro Flaskを手に入れて、グランピングで冷えたおいしいビールをお楽しみください。

最後に、思わずごくりと唾を飲み込んでしまうような、ビールが飲みたくなる小説の一部を紹介します。

「飲みくだすと、その液体は涼しい流れのままに喉を降りていき、口の中には余韻だけがかすかに残り、やがて消えた。」
―中島らも『今夜すべてのバーで』

「僕は時の淀みの中ですぐに眠りこもうとする意識をビールと煙草で蹴とばしながら、この文章を書き続けている。熱いシャワーに何度も入り、一日に二回髭を剃り、古いレコードを何度も何度も聴く。今、僕の後ろではあの時代遅れなピーター・ポール&マリーが唄っている。」
―村上春樹『風の歌を聴け』

「琥珀色の冷たく泡立っているやつが上の方からどんどん落下してきて、シャワシャワと泡立ちながら、舌を冷やし、頬を冷やし、歯ぐきを冷やし、のどを冷やして通過していく。」
―東海林さだお『タクアンの丸かじり』

「こんもりと盛り上がった泡。その風味を舌で味わうのはもちろん、喉越しを味わう唯一の酒でもある。とくとくグラスに注ぎ、泡の弾けるかすかな音に耳を澄ます。」
―小泉武夫 『吾輩はビールである』

0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
Google+でシェア
0
はてなブックマークに追加
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
LINEで送る