ライフスタイルに合わせて運べる家⁉︎グランピングの新しい住空間とは?

January 11, 2016 By Glmap編集部
ライフスタイルに合わせて運べる家⁉︎グランピングの新しい住空間とは?
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
0
Google+でシェア
0
はてなブックマークに追加
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
LINEで送る

季節や趣味に応じて好きな場所へ移動!
ライフスタイルも自由自在な「スモールハウス」

glamp3
グランピングの新しい住空間として注目されている「スモールハウス」をご存知だろうか。物質的に豊かな世の中で、無駄なものを削ぎ落とし、できるだけシンプルに生きる。ミニマムで洗練された空間の中。クリエイティブなインスピレーションを得るための小さな家。

そんな世界中のスモールハウスや小屋暮らし、遊休地の活用などの事例を2,000件以上紹介している「未来住まい方会議 by YADOKARI」から最新トレンドを紹介しよう!

グランプ・キャビンという新しい提案が可能にした「スモールハウス」の魅力とは?

 サイズは6m×2.4m、約4坪(約14㎡)のワンルームサイズ。生活に必要なシャワー、トイレ、キッチン、簡易収納を兼ね備えている。
glamp2
最小サイズでも、夫婦2人、小さな子供1人の3人家族が暮らせる大きさである。

また、水回りの整った母屋として使うことでスモールハウスの周りにテントなどを設営すればちょっとしたグランピング施設のように、大人数でも優雅なキャンプを楽しむことが可能だ。

スモールハウスのサイズは海上用コンテナ(20 ft)を元に設計しているので、なんとトレーラーや船などでの輸送が可能!
glamp4
住居としての必要最低限の機能を維持しつつ、一般住宅に比べコストを抑え、未来の可能性に向けた「移動性(モビリティ)」を確保している、新しいカタチの住居形態なのである。

季節や趣味に応じて好きな場所へ移動する、そんなライフスタイルも実現可能。お気に入りのスモールハウスと一緒に、旅をしながら暮らす、なんていう日もそう遠くない未来に実現するかもしれない。

今回紹介したYADOKARIスモールハウスは、海上用コンテナと同じサイズなので運搬はトラックでも容易に可能。連結や減築も可能なためライフスタイルに合わせて間取りの変更もできる優れもの。次期モデルとして太陽発電やバイオトイレなどを取り入れたオフグリットスモールハウスを開発中だそう。参考価格:250万円から。ホームページより詳しくチェックを!

INFO
「INSPIRATION」
http://inspiration.yadokari.net/

0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
0
Google+でシェア
0
はてなブックマークに追加
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
LINEで送る