一度は行ってみたい!アウトドア料理を堪能できる「CAPANNA CARBONE(カパーナカルボーネ)」

October 24, 2016 By Kazuya Okada
一度は行ってみたい!アウトドア料理を堪能できる「CAPANNA CARBONE(カパーナカルボーネ)」
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
Google+でシェア
0
はてなブックマークに追加
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
LINEで送る

台東区浅草橋。創業100年はゆうに超える老舗名店が立ち並ぶ街だ。
そんな歴史ある下町に今年2016年の春に新しいスタイルのレストランがオープンした。

アウトドア料理は自分たちで材料を買って自分でつくるもの。そんな常識をこのレストランが打ち破っってしまった。
このお店ではプロのシェフがアウトドア料理を大胆にそしてオシャレに振る舞ってくれる。

「CAPANNA CARBONE(カパーナカルボーネ)」

カパーナカルボーネ
浅草橋から徒歩3分にあるビルの3階と4階にそのお店はある。
3階はアウトドアグッズやキャンプ用品を扱う「CAMP and Around」。4階がレストラン「CAPANNA CARBONE(カパーナカルボーネ)」になっている。
「カパーナカルボーネ」は日本語訳で「炭焼き小屋」。店名の通り、炭火で焼き上げるグリル料理がメインで、ダッチオーブンや、スキレット、ココットなど、アウトドアの要素をふんだんに取り入れた 調理器具で本格イタリアンを提供してくれる。

北欧の山小屋をイメージした落ち着いた店内

店内1-1519x1024
店内は北欧の山小屋をイメージして落ち着いた空間になっている。
テラス席はキャンドルが灯しており、大人な雰囲気が漂っている。上にはテントが張られているので、雨の日でも安心して料理を楽しむことができる。

008
そして室内にはカウンター席も設けられている。目の前はオープンキッチンでアウトドア料理をつくる過程を観察できるようだ。

ここでしか味わえないオススメ料理

Tbone-1-1489x1024
ここに来たら是非頼みたいメニューは「国産熟成牛」のTボーンステーキ。
フィレとサーロイン、両方の部位を一度に楽しめる。約 3 週間ドライエイジングにかけた特別仕様のお肉は、炭火の香りとナッツのような芳醇な香り、熟成により凝縮した旨みは、他では決して食べられないスペシャルなステーキだ。

003
庄内豚の自家製パンチェッタを使ったカルボナーラも外せない。じっくり 1 週間ねかせたパンチェッタをカリカリになるまで炒めて旨みを凝縮。濃厚なペラガッティーノチーズと黒胡椒の相性が絶妙だ。

@camponparadeが投稿した写真


その他にもオススメは庄内豚の自家製ソーセージの炭火焼。
山形の高級ブランド豚「庄内豚」をお店で挽いて手作りのソーセージにし、炭火でじっくり焼き上げたものだ。

3階ではカフェも併設

top02
様々なグランピングやキャンプ道具を取り揃えている3階「CAMP and Around」ではカフェも併設。
日本全国から厳選して取り寄せたコーヒ豆のスペシャルコーヒーもいただくことができる。

CAPANNA CARBONE公式サイト(レストラン):http://carbone.jp/
CAMP on PARADE公式サイト(キャンプグッズショップ、カフェ):http://www.camponparade.com/

営業時間:[火~金]
Lunch 11:00~15:00(L.O.14:00)
Cafe 15:00~17:00(L.O.16:30)
Dinner17:00~23:00(L.O.22:00)
[土・日・祝]
11:00~22:00(L.O)

定休日:月曜日

住所:東京都台東区浅草橋1-29-1 ソリューション浅草橋3F~4F
JR総武線 浅草橋駅より徒歩3分
都営地下鉄浅草線 浅草橋駅より徒歩3分

電話番号:03-5829-9363

予約はこちらから
Opentable:予約ページ

0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
Google+でシェア
0
はてなブックマークに追加
0
Facebookでシェア
0
Twitterでシェア
LINEで送る